ユーミン(松任谷由実)のアルバム:ひこうき雲
ユーミンの音楽の特徴について
HOME          


ユーミンのアルバム:ひこうき雲



1973年11月リリースのユーミンの記念すべき1st。
まさに、日本のミュージック・シーンにニュー・ミュージックという
カテゴリーの誕生をもたらした作品です。

知ってましたか?
細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆(いわゆる、キャラメル・ママ)が参加していること




1. ひこうき雲
荒井由実 東芝EMI 1973.11.20
1.ひこうき雲7.紙ヒコーキ
2.曇り空8.雨の街を
3.恋のスーパー・パラシューター9.返事はいらない
4.空と海の輝きに向けて10.そのまま
5.きっと言える11.ひこうき雲
6.ベルベット・イースター

→ひこうき雲

このアルバムについて
細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆らによるキャラメル・ママの全面参加で完成をみた、1973年11月リリースのユーミンの記念すべき1stである。シンガー・ソングライター=フォーク歌手といった風潮にあってのデビューであったわけだが、それまでにないスタイリッシュでセンシティブな音楽性は多に類を見ないもので、本作を引っ提げての彼女の登場というのは、日本のミュージック・シーンに新たな時代の到来と、ニュー・ミュージックというカテゴリーの誕生をもたらした。<2>は松任谷正隆のサイド・ヴォーカルが妙。(春野丸緒)
このアルバムのレビュー記事:ビュアー: HEAD "ボビー" (千葉県柏市)
彼女が中学だか高校のときに、かの有名な飯倉のレストラン『キャンティー』に既に出入りしていたと知ったとき、ものすごい衝撃に襲われました。 詳しくはウィキペディアとかネットなんかで調べてもらえればわかりますが、普通じゃないレストランです。 そんな彼女が音楽と志そうとした時に、ティンパンアレーを起用したりするのは至極当然の話です。 そして例えばキャロルキングやローラニーロ、ジョニミッチェル、マリアマルダーあたりのテイストを取り込もうと考えるのも至極当然です。 それが一番自然と考えるのはとにかく当然なわけです。 ファーストアルバムである本作で一番重要なことは諸名性の強さ。 当時の販売戦略なんぞ僕には全くわかりませんが、わかりやすく言えば筒美京平のような感じ?わからないけど。 目を閉じると、そこはまるでアメリカの西海岸のよう? 良くも悪くも、日本離れした作品です。 なんとなく土っぽい感じなのはやはりティンパンアレーの力が大きいといわざるを得ません。
ユーミン関連サイト




ユーミン×スタジオジブリ 40周年記念盤 ひこうき雲(DVD付)



1973年11月20日に発売され、日本ポップス史上歴史的名盤と評されている、
荒井由実ファーストアルバム「ひこうき雲」。

その表題曲「ひこうき雲」が、今夏公開の
スタジオジブリ・宮崎駿監督作品/映画「風立ちぬ」の主題歌に起用。

今年40周年を迎えた、時代を超えた名曲「ひこうき雲」と、
映画「風立ちぬ」の奇跡の出会いが導いた“ユーミンxスタジオジブリ”の特別企画盤。

■LPサイズ絵本仕様
スタジオジブリ 鈴木敏夫プロデューサー編集/宮崎駿監督の画で構成された
“LPサイズ絵本仕様”のブックレット。

■ひこうき雲ミュージッククリップ
発売から40年を迎えて製作されるミュージッククリップは、
スタジオジブリ鈴木敏夫プロデュース/2011年に映画「エンディングノート」で数々の賞を受賞し、
注目を集めた砂田真実監督作品。

■ひこうき雲(RE−MIX)/荒井由実x松任谷由実
松任谷正隆プロデュースによる「ひこうき雲(RE−MIX)」。
新たなストリングスや、松任谷由実のアディショナルヴォーカルにより、
「ひこうき雲」が新たに生まれ変わる。







ひこうき雲の歌詞


ひこうき雲

作詞:荒井由実
作曲:荒井由実

白い坂道が 空まで続いていた
ゆらゆらかげろうが あの子を包む
誰も気づかず ただひとり
あの子は 昇っていく
何もおそれない そして舞い上がる

空に 憧れて 空を かけてゆく
あの子の命は ひこうき雲

高いあの窓で あの子は死ぬ前も
空を見ていたの 今はわからない
ほかの人には わからない
あまりにも 若すぎたと
ただ思うだけ けれどしあわせ

空に 憧れて 空を かけてゆく
あの子の命は ひこうき雲

空に 憧れて 空を かけてゆく
あの子の命は ひこうき雲



ユーミンのアルバム一覧

ひこうき雲/ ・MISSLIM/ ・COBALT HOUR/ ・YUMING BRAND/ ・14番目の月 / ・紅雀(べにすずめ)/ ・流線形’80 / ・OLIVE / ・悲しいほどお天気 / ・時のないホテル / ・SURF & SNOW / ・水の中のASIAへ/ ・昨晩お会いしましょう / ・PEARL PIERCE/ ・REINCARNATION/ ・VOYAGER/ ・NO SIDE / ・DA・DI・DA/ ・アラーム・ア・ラ・モード/ ・ダイアモンドダストが消えぬまに/ ・Delight Slight Light KISS/ ・LOVE WARS / ・天国のドア/ ・DAWN PURPLE/ ・TEARS AND REASONS/ ・U−miz/ ・THE DANCING SUN/ ・KATHMANDU/ ・Frozen Roses / ・acacia/ ・WINGS OF WINTER, SHADES OF SUMMER/ ・Face’s/ ・VIVA!6×7/ ・A GIRL IN SUMMER/ ・SEASONS COLOURS/ ・そしてもう一度夢見るだろう /

スポンサードリンク




ユーミンの最新情報

松任谷由実 40周年記念ベストアルバム発売決定!
恋愛のテッパン曲の数々を収録。

デビューから40年!まさにこのタイトル『日本の恋と、ユーミンと。』が表している通り、いつの時代も常に私たちの恋愛のそばにあったユーミンのラブソング。収録される曲名を見ただけで、蘇ってくる甘く切ない思い出。そんな永遠のマスターピース45曲を3枚のCDに収めた究極のベストアルバムが完成! さらにスペシャルトラックとして、自身のルーツとなる歴史的名曲「青い影」を、ロンドンアビーロードスタジオでプロコル・ハルムのメンバー本人と共演し収録!

これはまさに私たちが欲していた松任谷由実のベストアルバム!
初回限定盤は、特典DVD“観るベスト”付きです!!!


yumin-saishin
『日本の恋と、ユーミンと。』




HOME



ユーミン(松任谷由実)の魅力とは/ Mr.Childrenの魅力とは/ おすすめアルバムのランキング情報/

Base template by WEB MAGIC.  Copyright(c)2007 ユーミン(松任谷由実)の魅力とは All rights reserved.