ユーミン(松任谷由美)の魅力とは
ユーミンの音楽の特徴について
HOME          

ユーミンのアルバム:悲しいほどお天気



ユーミンのアルバムの中でもベスト10に入るアルバムです!



9.悲しいほどお天気
松任谷由実 東芝EMI 1979.12.1
1.ジャコビニ彗星の日6.悲しいほどお天気
2.影になって7.気ままな朝帰り
3.緑の町に舞い降りて8.水平線にグレナディン
4.DESTINY9.78
5.丘の上の光10.さまよいの果て波は寄せる

→悲しいほどお天気
試聴はこちら

このアルバムのレビュー記事:ビュアー: レビュアー: JADE36 (北海道)
「静」と「動」の両方を堪能出来るアルバムであると思います。 「ジャコビニ彗星の日」「緑の町に舞い降りて」が「静」の逸品だとすれば 「DISTINY」「78」が「動」の代表ということになるのでしょうか。 上田正樹が何とも味のある渋いバックボーカルをつとめる「78」の壮大な世界観は圧巻。 今聴いても全く古さを感じさせません。 このアルバム以降、必ず「核」となる曲がユーミンのアルバムには存在するようになります。 「時のないホテル」では「5cmの向こう岸」 「サーフ&スノウ」では「恋人がサンタクロース」 「水の中のアジアへ」では「スラバヤ通りの妹へ」 「昨晩お会いしましょう」では「カンナ8号線」 「パールピアス」では「DANG DANG」…というふうに。 そういう意味ではユーミンにとっての分岐点とも言えるアルバム、 「OLIVE」までではまだ微かに引きずっていた「荒井由実」を 完全に「松任谷由実」へと移行させたアルバムであると言えるのではないでしょうか。
このアルバムのレビュー記事:ビュアー: レビュアー: KUNTA
「72年10月9日…あなたの電話が少ないことに気がつく…」 誰にでも忘れられない日というものがあると思います。 1曲目の「ジャコビニ…」は細かなところまでの描写が、 逆に親近感を覚える1曲であると思います。


ユーミン関連サイト


ユーミンの歌詞ピックアップ:気ままな朝帰り

作詞: 松任谷由実
作曲: 松任谷由実


北風のベンチでキスしながら
心では門限を気にしてた
なごりおしい顔をして半分ホッとして
電車のドアで手をふる私

そんな恋がいくつか過ぎたあと
運命のいたずらに出逢ったの
あれはたしかTeen Age 最後のクリスマス
あなたに胸がふるえた

家なんか出てしまおう
なんとかくらして
もう二度としばられない

けれどゆうべただひとり
あなたを忘れるため
にぎわう通り歩いた

父親がうらめしかった昔が
なんとなくてれくさくなつかしい
だって今は誰ひとりとがめることもない
気ままな朝帰りなの







ユーミンのアルバム一覧

スポンサードリンク

ひこうき雲/ ・MISSLIM/ ・COBALT HOUR/ ・YUMING BRAND/ ・14番目の月 / ・紅雀(べにすずめ)/ ・流線形’80 / ・OLIVE / ・悲しいほどお天気 / ・時のないホテル / ・SURF & SNOW / ・水の中のASIAへ/ ・昨晩お会いしましょう / ・PEARL PIERCE/ ・REINCARNATION/ ・VOYAGER/ ・NO SIDE / ・DA・DI・DA/ ・アラーム・ア・ラ・モード/ ・ダイアモンドダストが消えぬまに/ ・Delight Slight Light KISS/ ・LOVE WARS / ・天国のドア/ ・DAWN PURPLE/ ・TEARS AND REASONS/ ・U−miz/ ・THE DANCING SUN/ ・KATHMANDU/ ・Frozen Roses / ・acacia/ ・WINGS OF WINTER, SHADES OF SUMMER/ ・Face’s/ ・VIVA!6×7/ ・A GIRL IN SUMMER/ ・SEASONS COLOURS/ ・そしてもう一度夢見るだろう /


HOME



ユーミン(松任谷由実)の魅力とは/ Mr.Childrenの魅力とは/ おすすめアルバムのランキング情報/



Base template by WEB MAGIC.  Copyright(c)2007 ユーミン(松任谷由美)の魅力とは All rights reserved.