ユーミン(松任谷由美)の魅力とは
ユーミンの音楽の特徴について
HOME          
ユーミンのアルバム: Wings of Winter,Shades of Summer






31. Wings of Winter,Shades of Summer
松任谷由実 東芝EMI 2002.11.20
1.Bonne annee5.Rodeo
2.Wings of Winter6.雪月花
3.Northern Lights7.Painting the sea
4.ただわけもなく

→Wings of Winter, Shades of Summer

このアルバムについて
Amazon.co.jp
「恋人がサンタクロース」や「サーフ天国、スキー天国」を収録した大ヒットアルバム『Surf & Snow』の第2弾を目指し、約1年半をかけて作られたサーフ&クリスマスソングアルバム。別れてしまった恋人との日々を振り返り、1人でクリスマスを迎えるせつなさをつづったミディアムチューン<2>、大切な人と過ごした夏の思い出を描く<4>(アサヒ飲料「夏旨茶」CMソング)、愛しい人への募る思いを神聖な鈴の音色に乗せてしっとり歌うバラードナンバー<6>など、繊細な情景描写と温もりあふれるヴォーカルで、恋人たちのドラマを鮮やかに描き出してくれる。(武村貴世子)
内容(「CDジャーナル」データベースより)
デビュー30周年を迎える2002年冬、季節感あふれるオリジナル・アルバムが完成。新たなスタンダードの予感さえあるクリスマス・ソングを核に、美しい日本語の歌詞が映える作品となった。
このアルバムのレビュー記事: siusan (Tokyo Japan)
今年彼女はデビュー30周年。雪月花はNHKがテレビ放映50周年の特番の中の「あのひとに会いたい」のテーマとして使われていた。そして彼女自身も番組にでて歌った。 作られた背景を知っているとそれぞれの曲へのイマジネーションの奥行きがでてくる。 彼女はこれまでも預言的な試みをしているが、それはしばらくするとなんであったかに気がつくものだ。北欧を意識しているこのアルバム、のりのりに楽しむというより、静かに鑑賞するにふさわしい。
このアルバムのレビュー記事:レビュアー: エリリン
期待して買ったのですが、初めて聞いた時は少しガッカリしました。 でも聞けば聞くほど味が出る、という感じです。 ゆっくりしたい時に聞きたいアルバムです。 「サーフ&スノー」の続編というのは無理があったような気がします。

ユーミン関連サイト
ユーミンのアルバム解説
松任谷由実アルバム紹介
アルバムレビュー 荒井由実/松任谷由実






←戻る


Base template by WEB MAGIC.  Copyright(c)2007 ユーミン(松任谷由美)の魅力とは All rights reserved.