ユーミン(松任谷由美)の魅力とは
ユーミンの音楽の特徴について
HOME          
ユーミンのアルバム:紅雀(べにすずめ)

ユーミンのアルバム:紅雀(べにすずめ)

ユーミンが’78年に発表したアルバム『紅雀』から
最新作の『ノーサイド』まで,オリジナル・アルバムで
CD化されていなかった12点の総てが,やっとCD化されて出た。

’80年12月に発表された『サーフ&スノウ』以前と
ミニ・アルバム『水の中のASIAへ』をはさんで,
’81年11月発表の『昨晩お会いしましょう』以降とでは,
ユーミンが想定している聴き手が大きく変わっているようだ。

荒井由実時代と松任谷由実時代との間にある違いは,
歌われている情景のリアリティーの有無だったが,
ここではニューミュージックの女王から歌謡曲の女王への歩みが
始まったといえるのではなかろうか。

より広い幅の聴き手を対象としはじめたのが
’81年にシングル「守ってあげたい」のヒットから,
ユーミンのアルバム・セールスが飛躍的に伸びているのだから……。

#半年に1作のペースでアルバムを発表してきたユーミンも,
最新作『ノーサイド』以降はその間隔が長くなりそう。

というのも,各作品ともにしっかりと水準を保っていること自体が,
実は驚異的なことなのだ。

ポップ・スター,ユーミンの歴史のすごさを思い知らされる一方で,
これからに期待させる作品群を持っているのがユーミンなのだ。
アルバムで味わうユーミンの楽しさの他に,コンサートの楽しさもある人なのである。




6. 紅雀(べにすずめ)
松任谷由実 東芝EMI 1978.3.5
1.9月には帰らない6.罪と罰
2.ハルジョオン・ヒメジョオン7.出さない手紙
3.私なしでも8.白い朝まで
4.地中海の感傷9.LAUNDRY-GATEの想い出
5.紅雀10.残されたもの

→紅雀

このアルバムについて
内容(「CDジャーナル」データベースより)
ユーミンが’78年に発表したアルバム『紅雀』から最新作の『ノーサイド』まで,オリジナル・アルバムでCD化されていなかった12点の総てが,やっとCD化されて出た。’80年12月に発表された『サーフ&スノウ』以前と,ミニ・アルバム『水の中のASIAへ』をはさんで,’81年11月発表の『昨晩お会いしましょう』以降とでは,ユーミンが想定している聴き手が大きく変わっているようだ。荒井由実時代と松任谷由実時代との間にある違いは,歌われている情景のリアリティーの有無だったが,ここではニューミュージックの女王から歌謡曲の女王への歩みが始まったといえるのではなかろうか。より広い幅の聴き手を対象としはじめたのが’81年にシングル「守ってあげたい」のヒットから,ユーミンのアルバム・セールスが飛躍的に伸びているのだから……。#半年に1作のペースでアルバムを発表してきたユーミンも,最新作『ノーサイド』以降はその間隔が長くなりそう。というのも,各作品ともにしっかりと水準を保っていること自体が,実は驚異的なことなのだ。ポップ・スター,ユーミンの歴史のすごさを思い知らされる一方で,これからに期待させる作品群を持っているのがユーミンなのだ。アルバムで味わうユーミンの楽しさの他に,コンサートの楽しさもある人なのである。
このアルバムのレビュー記事:レビュアー: トオル (三重県)
『紅雀』というタイトル、ジャケットの雰囲気とかが、どういう訳か演歌な匂いがして、今までユーミンのアルバムの中でも何となく手が出なかったんですが、意外や意外、聴いてみると、他のユーミンのアルバムとは雰囲気が一味違う、ヨーロッパ的な匂いのするおしゃれなアルバムでした。 ミリオンを飛ばしていた90年代のアルバムよりも、今聴いて、古さを感じないかもしれません。おすすめです。
このアルバムのレビュー記事:レビュアー: エビぞー (札幌市)
これを初めて聴いたのは『VOYAGER』の頃ですが、 あのゴージャスな音に比べてなんて地味な音なんだろうと思っていました。 もちろんA&Mの諸作など知らない頃で、 アントニオ・カルロス・ジョビンを知ってからこのアルバムのお洒落さが分かりました。 ユーミンの曲はライブで再会してその良さに初めて気づくことがよくありますが、このアルバムでは、 ・ラテン→スイートポップになった「私なしでも」(『YUMING VISUALIVE DA-DI-DA』) ・フォルクローレぽさが抜けた「ハルジョオン・・」 ・ハネるリズムの「紅雀」(2曲とも2002年の逗子マリーナ) というところでしょうか。ぜひご一聴ください。 余談ですが、92年バルセロナオリンピック非公式ソング 「地中海の感傷」もボサノバ・ジョビンファンにはおススメ。



ユーミン関連サイト
ユーミンのアルバム解説:言わずと知れたユーミンのファーストアルバム。それぞれの曲に幼いころ持っていた純粋な気持ちが息づいていて、メルヘンタッチの短編集を見ているみたい。このアルバムのキーワードは“空”と“海”。壮大な世界と人との対比がおもしろい。
松任谷由実アルバム紹介:今や知らない人はいないだろうユーミンの記念すべきデビューアルバム。当時は"ニューミュージック"という言葉がなかったために、キャッチコピーが「魔女か!スーパーレディーか!新感覚派・荒井由実登場」てのがすごい(笑)。このアルバムが出たのが1973年、今から約30年前という事を思えば改めてその才能を感じずにいられない。洗練された雰囲気と叙情的な雰囲気が混ざり合った独特な印象を受けるのも、生まれ育った八王子や近くの米軍基地、通っていたミッション系スクールなどの影響であろうか。私のオススメは「曇り空」「ベルベット・イースター」「雨の街を」の3曲。
アルバムレビュー 荒井由実/松任谷由実:日本のポピュラーミュージック史を語る上で外す事の出来ない名盤。 当時まだ19歳のユーミンが紡ぎ出す洗練されたメロディーと、キャラメルママ によるモダンでクオリティの高いサウンドは、フォーク/歌謡曲全盛だった日本のミュージックシーンを ニューミュージック/ポップスへと向かわせる牽引力となった。 デビュー当時のキャッチコピーは「魔女か!スーパー・レディか!新感覚派荒井由実登場」 なるものだったらしいが、そんな煽り文句も決して大げさではない天才ぶりをまざまざと見せ付ける 名曲揃い。「曇り空」「きっと言える」「雨の街を」「返事はいらない」など全体に漂うアーバンな雰囲気 はそれまでのフォークや歌謡曲とは一線を画するもので、日本独特の泥臭さや湿っぽさを微塵も感じさせない メロディーのセンスは生まれついてのものだろう。都会的で、どこか敷居の高い(金持ちが聴いてそうな)音楽、 というイメージがしばらくユーミンにはつきまとうが、そんな感じはこのデビューアルバムから既にあった。


ユーミンのアルバム一覧

スポンサードリンク

ひこうき雲/ ・MISSLIM/ ・COBALT HOUR/ ・YUMING BRAND/ ・14番目の月 / ・紅雀(べにすずめ)/ ・流線形’80 / ・OLIVE / ・悲しいほどお天気 / ・時のないホテル / ・SURF & SNOW / ・水の中のASIAへ/ ・昨晩お会いしましょう / ・PEARL PIERCE/ ・REINCARNATION/ ・VOYAGER/ ・NO SIDE / ・DA・DI・DA/ ・アラーム・ア・ラ・モード/ ・ダイアモンドダストが消えぬまに/ ・Delight Slight Light KISS/ ・LOVE WARS / ・天国のドア/ ・DAWN PURPLE/ ・TEARS AND REASONS/ ・U−miz/ ・THE DANCING SUN/ ・KATHMANDU/ ・Frozen Roses / ・acacia/ ・WINGS OF WINTER, SHADES OF SUMMER/ ・Face’s/ ・VIVA!6×7/ ・A GIRL IN SUMMER/ ・SEASONS COLOURS/ ・そしてもう一度夢見るだろう /


HOME



ユーミン(松任谷由実)の魅力とは/ Mr.Childrenの魅力とは/ おすすめアルバムのランキング情報/



Base template by WEB MAGIC.  Copyright(c)2007 ユーミン(松任谷由美)の魅力とは All rights reserved.