ユーミン(松任谷由美)の魅力とは
ユーミンの音楽の特徴について
HOME          
ユーミンのアルバム: THE DANCING SUN






27. THE DANCING SUN
松任谷由実 東芝EMI 1994.11.25
1.サイン・オブ・ザ・タイム6.ハロー,マイ・フレンド
2.砂の惑星7.リヴァー
3.グッドバイ・フレンド8.ロンサム・カウボーイ
4.バイ・バイ・ボーイ9.オー・ジュリエット
5.ゲット・アウェイ10.春よ、来い

→ザ・ダンシング・サン/松任谷由実
→試聴はこちら

このアルバムについて
内容(「CDジャーナル」データベースより)
タイトルのイメージに反して,内容は詞・曲共にわりとセンチメンタルな楽曲が多い。唯一,はじけて青春してるのは5か。また気になるのは3と6。歌詞とメロディがサビを中心にほぼ同じ。{Good-by}と{Hello}の対比からして,対の曲と解釈しようか。
このアルバムのレビュー記事:レビュアー: 0point
ユーミンがこの頃没頭していた民族音楽が、見事なまでに、彼女の今までのポップ性と融合された傑作。決してシングル曲だけがいいという感じは受けない。また、おそらくこの時期がもっとも歌唱力のあった時期だと思う。音程も以前に比べ安定してきて、彼女の声の特質がしっかりと前に出され、歌詞の深みを表現できている。 彼女の曲の中には、他の人が歌う方がはまると言われる曲も少なくないが、「春よ、来い」は違うと感じた。他のどの歌手に、この曲の繊細さが表現できるだろうか。もっとも彼女の曲と詞と歌が一致した曲であると思う。 (しかし残念なことに、近年の、彼女の歌唱力の再低下は否めない。彼女の特色である声の丸みは次第に失われ、音程も不安定になってきている)
このアルバムのレビュー記事:レビュアー: 小林桃子
このCD・・・結構、好きです。 だって【サイン・オブ・ザ・タイム】【バイ・バイボーイ】 【ゲット アウェイ】【リヴァー】とか最高ですもん! 私は、特に【バイ・バイボーイ】が好きです・・・! 何か切なくて好きです。 【ゲット アウェイ】も元気が出てくる曲で、かなりGOODです。 【ハロー,マイ・フレンド】【グッドバイ・フレンド】は、あまり好きでは ありませんが、気になります、非常に・・・。 だって、二曲とも同じ歌詞・メロディーの所があって 「なんか、ゆ~みんって感じだなぁ(?)」と思いました。 私的に【砂の惑星】は、×。メロディーが嫌です。

ユーミン関連サイト
ユーミンのアルバム解説
松任谷由実アルバム紹介
アルバムレビュー 荒井由実/松任谷由実






←戻る


Base template by WEB MAGIC.  Copyright(c)2007 ユーミン(松任谷由美)の魅力とは All rights reserved.