ユーミン(松任谷由美)の魅力とは
ユーミンの音楽の特徴について
HOME          


ユーミンのアルバム:A GIRL IN SUMMER



「海」をテーマに、過ぎ去って行く「儚さ」「せつなさ」を描いた、潮風が薫る短編集。
ひとりの自分に向き合うこと、ひとり自分と向き合ってみれば、自分の真実、飾らない気持ち、
ひとりは孤独じゃないってことや、自分の中の宝物にきづくはず。
『A GIRL IN SUMMER』というタイトルにはそんな意味が含まれています。




36. A GIRL IN SUMMER
松任谷由実 東芝EMI 2006.05.24
1.Blue Planet7.虹の下のどしゃ降りで
2.海に来て8.Escape
3.哀しみのルート169.Forgiveness
4.もうここには何もない10.ついてゆくわ(Album Version)
5.あなたに届くように(Album Version)11.時空のダンス
6.Many is the time12.Smile again(Yuming Version)

→A GIRL IN SUMMER

このアルバムについて
海」をテーマに、過ぎ去って行く「儚さ」「せつなさ」を描いた、潮風が薫る短編集。 ひとりの自分に向き合うこと、ひとり自分と向き合ってみれば、自分の真実、飾らない気持ち、ひとりは孤独じゃないってことや、自分の中の宝物にきづくはず。『A GIRL IN SUMMER』というタイトルにはそんな意味が含まれています。 【アーティストについて】 1954年1月19日 東京・八王子にて誕生 2006年5月、デビュー34年/34作目の名盤をリリース!!
このアルバムのレビュー記事:レビュアー: あ "あ" (あ)
2,6,10がとても良い。10はシングルバージョンの歌詞が良いです。 ユーミンの楽曲は、どれも歌詞が生命を吹き込んでいると思います。 歌詞を頭の中で組み立てていくと、リアルな映像が眼前に浮かびます。 それは、現代のチープな流行歌ではありえない事です。 「みんな、歌詞の意味をかみしめて聴いてくれているんだなって思います」 いつか、ユーミンがコンサートで言ったことを思い出します。
このアルバムのレビュー記事:レビュアー: マウントフジ
CMで『時空のダンス』を聞いて凄いユーミン!一人感動しました。ツアーもすばらしかったですね〜『Forgiveness』『海に来て』名曲です。最後に無責任に音楽をやってない姿勢が尊敬できます!

ユーミン関連サイト



ユーミンのアルバム一覧

ひこうき雲/ ・MISSLIM/ ・COBALT HOUR/ ・YUMING BRAND/ ・14番目の月 / ・紅雀(べにすずめ)/ ・流線形’80 / ・OLIVE / ・悲しいほどお天気 / ・時のないホテル / ・SURF & SNOW / ・水の中のASIAへ/ ・昨晩お会いしましょう / ・PEARL PIERCE/ ・REINCARNATION/ ・VOYAGER/ ・NO SIDE / ・DA・DI・DA/ ・アラーム・ア・ラ・モード/ ・ダイアモンドダストが消えぬまに/ ・Delight Slight Light KISS/ ・LOVE WARS / ・天国のドア/ ・DAWN PURPLE/ ・TEARS AND REASONS/ ・U−miz/ ・THE DANCING SUN/ ・KATHMANDU/ ・Frozen Roses / ・acacia/ ・WINGS OF WINTER, SHADES OF SUMMER/ ・Face’s/ ・VIVA!6×7/ ・A GIRL IN SUMMER/ ・SEASONS COLOURS/ ・そしてもう一度夢見るだろう『日本の恋と、ユーミンと。』 /

ユーミンの最新情報

松任谷由実 40周年記念ベストアルバム発売決定!
恋愛のテッパン曲の数々を収録。

デビューから40年!まさにこのタイトル『日本の恋と、ユーミンと。』が表している通り、いつの時代も常に私たちの恋愛のそばにあったユーミンのラブソング。収録される曲名を見ただけで、蘇ってくる甘く切ない思い出。そんな永遠のマスターピース45曲を3枚のCDに収めた究極のベストアルバムが完成! さらにスペシャルトラックとして、自身のルーツとなる歴史的名曲「青い影」を、ロンドンアビーロードスタジオでプロコル・ハルムのメンバー本人と共演し収録!

これはまさに私たちが欲していた松任谷由実のベストアルバム!
初回限定盤は、特典DVD“観るベスト”付きです!!!


yumin-saishin
『日本の恋と、ユーミンと。』


スポンサードリンク




HOME


Base template by WEB MAGIC.  Copyright(c)2007 ユーミン(松任谷由美)の魅力とは All rights reserved.